【第53回】メットライフ(ドル建て終身)とあんしん生命(個人年金)の証券分析事例です。【千葉県 アルバイト 40代前半 女性】

thumb image

こんにちは。河合です。

本日も日本国内の保険の証券分析事例です。

「こちらこそ、証券分析をしていただいたおかげで、損を最低限に抑えることが出来感謝しています。
もちろん事例としてご自由にご紹介くださいませ。

丁寧なアドバイス本当にありがとうございます。
多くの人に証券分析で事実を知っていただくことをオススメしたいです!
おかげさまで躊躇なく解約することが出来ました。」

ということで快く事例快諾いただきました。

【千葉県 アルバイト 40代前半 女性】

◯表全体の見方として

メットライフのドル建て終身保険は1USD=120円で計算し、円で表記ています。
青色の数字は備考欄の計算で表記しています。

まず、生命保険加入にあたって一般的な考え方ですが、生命保険の死亡保障というのは、万が一があった場合「誰が、金銭的にどれくらいリスクがあるか?」平たく言えば「誰がどれだけ金銭的に困るのか?」で、加入するべきものです。〇〇さんに万が一があった場合に「どなたが」「どれくらい」金銭的にお困りになるか?ということですね。詳しく伺わないと断定は出来ませんが、加入されているメットライフの米ドル建終身保険の”死亡保障”は必要なかったのではないでしょうか?ブログでも書いていますのでこちらご参考にして下さい。

*生命保険が不必要な人

必要保障額の考え方はこちらを参考にして下さい。

*「万が一の必要保障額」ってどれくらい?

◯証券分析
1.)メットライフ「米ドル建終身保険」*1USD=120円計算

・死亡保険金:30,000USD(約360万円)
・保障期間:終身
・月払保険料:104.52USD(約12,542円)
・払込期間:10年
・払込総額:12,542.40USD(約1,505,088円)
・25年後(64歳)解約返戻金:16,293USD(約1,955,180円)
・25年後(64歳)返戻率:129.9%

死亡保険金や解約返戻金は、上記金額が最低保証(予定利率3.0%)されていて、運用次第ではこれよりも多く受取ることができます。
インフレにもある程度対応しますが、多くは債券での運用ですので、あまり期待できるものでがありません。
約20年ほど前、アリコジャパンの時代から同商品が販売されていますが、これまで一度もこの利率が上がったことはないと思います。

2.}東京海上日動あんしん生命「個人年金保険」

・死亡保険金:払込保険料相当額
・月払保険料:9,885円
・払込期間:21年(60歳)
・払込総額:2,491,020円
・10年確定年金:3,000,000(65歳〜300,000円✕10年)
・年金受取時返戻率:120.4%(3,000,000÷2,491,020)

昨年加入された時点では、日本で販売されている個人年金保険の中では1番目か2番目に返戻率の良かった個人年金保険です。現在は値上げ(正確には訂料と言います)されているので、4〜5番手になると思います。

*東京海上日動あんしん生命の「個人年金保険」〜30歳女性ランキング4位

◯アドバイス&ご提案例

上記でもご案内しましたが、〇〇さんの必要保障額をザックリで構いませんので計算をして頂きたいと思います。
その上で、死亡保障が必要な場合は加入されているような「終身保険」ではなく、割安な「収入保障保険」などで準備し、「死亡保障(保険)は死亡保障(保険)」「貯蓄(運用)は貯蓄(運用)」で分けて入りましょう。必要な死亡保障額が算出できたらお知らせ下さい。改めてアドバイス致します。

*「収入保障保険」とは?

現在加入している保険の見直しとしては「払済」にできるようでしたら「払済」にするのが良いのですが、まだ加入して1年程度ですと「払済」にできるだけの解約返戻金が貯まっていないかもしれません。その場合は「解約」するのが良いと思いますが、これまで支払った保険料はまったく戻ってこないか、あったとしてもわずかな金額となります。

*保険の見直しはいろいろあります「解約」「減額」「払済」「延長定期」「コンバージョン」

老後資金など「お金を殖やす」目的には先日資料をお送りした「海外積立年金」で殖やしていかれることをオススメします。

【変額年金プラン】で月々450USD(約54,000円)を積立られる場合、ボーナス金利(固定金利)3%が満期まで必ずついてきます。ご紹介している弊社ご参考ポートフォリオで積立をする場合には過去10.2%/年の運用ができているので、過去のパフォーマンスで殖やしていければ、積立最大年数の25年後満期時には、複利運用やボーナス金利によって以下のようなパフォーマンスシミュレーションとなります。(*1USD=120円)

・25年積立総額:450USD(約54,000円)✕12✕25=135,000USD(約16,200,000円)
・25年後満期想定額(10%運用):549,865.46USD(約65,980,000円)
・返戻率:407.3%

また【140%元本確保型年金プラン】で月々USD450(約54,000円)を積立た場合

・15年積立総額  :81,000USD(約9,720,000円)
・15年満期時(140%確保):113,400USD(約13,608,000円:最低保証)

となって、15年後には最低でも140%が確保されて満期を迎えます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その後すぐにかけていた保険を止められ、そのまま海外ですることで、ずいぶんと割の良い老後資金準備となりましたよね。

この保険証券分析、かなり手間かかってうちの保険アドバイザーも大変だと思いますが(その場で面談して答えた方がよっぽど楽で簡単で早い)、こうしてお役に立てたというフィードバックをもらえることで、また頑張ってくれることでしょう(笑)。
そしてもっと多くの、日本全国の、世界にいる日本人の方のご相談に乗れるよう日々待機してます。

皆さんもお手元に???という保険証券があったら、こちらからお気軽にご連絡ください。

前の記事
【第52回】既契約者の紹介からの海外積立年金開始です。【神奈川県 会社役員 40代後半 男性】
次の記事
【第54回】日本生命、共済(死亡保障)、アリコ、アメリカンホームダイレクト、アフラック(医療保険)、明治保田(年金)、東京海上、セゾン(損保)の証券分析事例です。【大阪府 年金生活者 60代前半 男性】

関連記事

無料直接相談受付中お申込みはこちら

お申込みはこちら

海外生命保険無料メルマガ

『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

海外生命保険ブログ

弊社関連サイト

k2-holdings.jpg
k2-investment.jpg
k2-assurance.jpg
k2-partners.jpg
goldmember_banner.jpg
生命保険相談バナー
海外口座相談バナー
shinshutsu.jpg

メニュー