【第34回】ソニー生命の「バリアブルライフ」とアクサ生命の「ユニットリンク」を止めて、海外積立年金を始められた事例です。【東京都 セラピスト 30代後半 女性】

thumb image

こんにちは。河合です。

本日は日本の生命保険を検討(というよりも勧誘)されていて、弊社保険アドバイザーに個別面談で相談した結果、海外積立年金を始められた事例をご紹介します。
今回比較対象となったのはソニー生命の「バリアブルライフ」とアクサ生命の「ユニットリンク」でした。

くどいようですが、ご本人からは了解をいただいて、本人と特定できないことを前提にご紹介させていただいています。

【東京都 セラピスト 30代後半 女性】

弊社にお問合せや相談に来るキッカケは、皆さん、

「海外の生命保険を探しているから」
「海外で金利の良い年金保険を探しているから」

・・・というわけではありません(笑)。
むしろ今回の方のようにそもそもそんなことは知らずに、国内の生命保険で検討していたところ、弊社保険アドバイザーが書いているその保険商品の解説を読み、ご相談いただいただくことがほとんどです。

そして今回の相談内容が・・・

ソニー生命:バリアブルライフ
アクサ生命:ユニットリンク

でした。
リンク先で弊社保険アドバイザーが解説している通り、どちらの保険も「死亡保障コスト」が投資商品に乗っかっている分、思うように資産が増えていきません。
そして投資先もたった8種類から選択するしかなく、長期投資する投資先としては、とても寂しいものでした。

そこでご提案したのが、海外にある海外積立年金

※『海外積立年金入門書(マニュアル)』はこちら(無料)

海外積立年金もこちらの入門書(マニュアル)にある通り、2種類あります。
まず今回のソニー生命「バリアブルライフ」アクサ生命「ユニットリンク」と類似しているのがこちら・・・

1)変額年金プラン
・期間を10~25年で選べる
・200本のオフショアファンドから自由にポートフォリオを組める(オンライン画面からいつでもスイッチング可)
・ボーナス金利が毎年1~5%つく(積立額による)
・3年目からはいつでも「減額」「積立STOP」「一部引出し」ができる

そしてもう一つの海外積立年金が・・・

2)140%元本確保型年金プラン
・15年満期のみ
・15年後に140%(元本+40%リターン)を保証
・S&P500(米株インデックス)に投資しているので、そちらが140%を上回っていれば、多い方をもらえる

でした。
いずれも魅力的だと思いますが、この方が最終的に選ばれたのは1)変額年金プランでした。

弊社も日々色々な方から、色々な形で保険の相談を受けていますが、testさんも今契約している保険、今検討している保険で「本当にこれでいいのか?」という不安があったら、いつでもお気軽にご連絡ください。

相談方法は弊社はどんな形でも大丈夫です。
以下3種類からtestさんのお好みでご選択ください。

メール相談:無料 ※こちらから
メール証券分析:3000円/回 ※こちらから
個別面談:5000円/時間 ※こちらから

前の記事
【第33回】ハワイ銀行口座開設個別ツアーのお知らせ(期間限定:2016年2月5日まで)
次の記事
【第35回】弊社セミナー参加後、海外積立年金を始められた事例です。【東京都 会社員 30代後半 男性】

関連記事

お申込みはこちら

海外生命保険無料メルマガ

『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

海外生命保険ブログ

弊社関連サイト

k2-holdings.jpg
k2-investment.jpg
k2-assurance.jpg
k2-partners.jpg
goldmember_banner.jpg
生命保険相談バナー
海外口座相談バナー
shinshutsu.jpg

メニュー