【第13回】【海外生命保険】70歳で相続対策で加入する生命保険のケースです。

thumb image

こんにちは。河合です。
それでは本日は最後のケース。70歳で保険に加入するケースです。

70歳の場合でも、私が調べたところ一番条件の良い日本の生命保険の一時払終身保険東京海上あんしん生命でした。

保険料:9,190,200円/一時払
死亡保険金:1000万円

これを海外生命保険であれば、

保険料:5,263,000円/一時払
死亡保険金:1000万円

とできます。
そもそもこの年齢(70歳)でも保険に入れてくれるだけでもありがたいことですが、526万円払うだけで1000万円(約倍)の死亡保険金を遺せるわけです。

よくあるのが、定期保険(60歳までの死亡保障)に掛けてきたが、気づいたら死亡保障が切れていて、新たに保険に入りたいが、60歳を過ぎて健康面や金額面で保険に入れないというケース(笑)。
けれど実際、相続対策を考えだすのはこの年齢ですよね。
ということで、ここから海外の生命保険を考えるケースが資産を持っている方ほど(要相続対策)います。

ここまでがひと通り海外生命保険についてです。
次回からは実際に弊社クライアントがされた海外生命保険加入の事例をご紹介していきます。

前の記事
【第12回】【海外生命保険】50歳で一時払い保険に入るケースです。
次の記事
【第14回】デノミ対策のために外貨を持つことが目的で海外積立年金を始めた事例です。【東京都 会社経営者 50代前半 男性】

関連記事

お申込みはこちら

海外生命保険無料メルマガ

『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

海外生命保険ブログ

弊社関連サイト

k2-holdings.jpg
k2-investment.jpg
k2-assurance.jpg
k2-partners.jpg
goldmember_banner.jpg
生命保険相談バナー
海外口座相談バナー
shinshutsu.jpg

メニュー