【第9回】【海外生命保険】海外生命保険に入る手順です。

thumb image

こんにちは。河合です。

本日は海外生命保険に入る際の手順です。
一番条件の良い米国の生命保険を例にあげます。

STEP1)
まずは<< Test Name >> さんにとって・・・

・現在どのような保険に入っているのか?
・本当に必要な保障は何か?

を弊社保険アドバイザーと相談していただきます。
その際には、また明日詳しくご説明しますが『保険ヒアリングシート』を使いながら、こちらも把握します。

STEP2)
その上で、皆さんが加入できる米国の生命保険を現地で確認します。
そもそも加入を受け入れてくれる保険会社がなければ意味がありませんからね(笑)。
といっても米国は800社を超える保険会社があるので(日本は約40社)、どこかは加入させてくれます。

STEP3)
弊社アドバイザーから保障内容をご提案します。ご希望であれば、現地の保険会社のスタッフ(日本語堪能)が来日する時に、直接面談の上相談することも可能です。

STEP4)
契約する保険が決まったら、現地(ハワイ)へ行って健康診断を受けてもらいます。生命保険は投資と異なり、現在の健康状態に基づき加入できるかどうか、また保障内容が決まることになるため、その国の医療制度の下に健康診断を受けなければいけません。
約半日掛かりで健康診断、その後保険会社との契約、ということで、朝から15時くらいまでお付き合いいただくことになります。
渡航はLA(ロサンゼルス)でもいいですが、皆さんハワイの方を好まれます(笑)。

手続きは以上です。
要は日本とまったく同じです。
異なる点は、

・現地スタッフとの面談は約3ヶ月に一度。
・健康診断のためにハワイへ渡航。

だけ。
ハワイへ行く渡航費は安くなる保険料の一部で支払うというイメージでしょうか(笑)。
目安として、1000万円の死亡保障をつけようとすると・・・

30歳:91万円(米国)、500万円(日本)
40歳:127万円(米国)、556万円(日本)
50歳:196万円(米国)、666万円(日本)
60歳:294万円(米国)、833万円(日本)
70歳:455万円(米国)、909万円(日本)

という違いがあります。
ハワイへの旅費なんて安いもんですね(笑)。

それでは明日は、先ほど出てきたSTEP1)の『保険ヒアリングシート』についてじっくりお話します。
保険商品というのは世界中にいくらでもあるので、最も大事なのは、

「ご自身に本当に必要な保障をかけているか?」

これだけです。
しかしそもそも保険を契約させたいだけの保険マンや保険会社の言う通り契約して、無駄な、もしくはそもそも必要でもない保険に入ってたりということがほとんどです。

明日は皆さんも一緒にご自身の保険を見なおしていきましょう。

前の記事
【第8回】【海外生命保険】日本の生命保険と海外生命保険の比較
次の記事
【第10回】【海外生命保険】『生命保険ヒアリングシート』で現状を把握しましょう。

関連記事

無料直接相談受付中お申込みはこちら

お申込みはこちら

海外生命保険無料メルマガ

『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

海外生命保険ブログ

弊社関連サイト

k2-holdings.jpg
k2-investment.jpg
k2-assurance.jpg
k2-partners.jpg
goldmember_banner.jpg
生命保険相談バナー
海外口座相談バナー
shinshutsu.jpg

メニュー